お洒落な写真入りサンキュータグを自分で簡単に作れる方法教えます!

今や結婚式や二次会のプチギフトに添えるのが定番になっている「サンキュータグ」。
ウエディング以外にも、パーティーのお土産に添えたり、お世話になった方へちょっとしたお礼の品に添えたりと、さりげなく感謝の気持ちを伝える素敵アイテムですよね。自分もその昔、ウエディングアイテムの予算を抑えるために寝る暇も惜しんで画用紙とスタンプを買ってせっせと手作りしたものであります^^;
そう、花嫁さんは他にもやらなくちゃいけない事がたくさん。そんな忙しい花嫁さんに必見!!本日はTHANKYOU WORKSのはがきテンプレートを使えば安くて簡単にお洒落サンキュータグが作れちゃう方法をお教え致します♪しかも、自分たちの写真や好きなメッセージも添えられる、世界に一つだけの完全オリジナルのタグ。
写真付きのオリジナルタグはゲストの皆様にも好評ですのでぜひお試しください。

まずはTHANKYOU WORKSの「サンキューカード」のページにログイン。

今回はこちらのデザインを使用します。クリックして編集ページからお好きな写真をアップロードしてください。お写真は二人そろった幸せ感満載な笑顔いっぱいの写真をセレクトしてくださいね♪

続いてメッセージを打ち込みます。パーティーに来てくれた感謝の言葉や、お二人の名前、新居の住所も記載すると良いでしょう。

はがきのデザインが完成したら、マイページに保存してダウンロード作業をしてください。

このまま出力すると普通に100×148サイズのはがき。タグにするには大きすぎますね。

ここからが、タグ作りの裏技です!

パソコンでWordやExcel、イラストレーターなどいつも使用している慣れているソフトを開いてください。用紙のサイズは出力紙に合わせてA4(たて)に。そこに先ほど作ってダウンロードしたデザインデータを貼り付けてお好きなサイズに縮小し並べます。私はつけ忘れたのですが、タグ穴を開ける位置もここで印をつけておくと良いでしょう。


上の写真のサイズ、大体63×90mmで9枚取れます。必要な枚数を出力しましょう。出力紙は素材感のある画用紙がオススメ。グッと高級感がます。今回のサンプルはTAKEOさんのマーメードシリーズのスノーホワイトを使用しました。


こちらのマーメードシリーズはインクジェット印刷が可能なうえ、風合いも優しく質感も柔らかく素材感が良いです。TAKEOさんの画用紙は普通に文房具屋さんや文房具を扱う本屋さん、クラフトを扱う雑貨屋さんなどに置いてあるので店頭で確認してみてくださいね。(A4 サイズで1枚¥20)


出力したら一枚一枚切り取ります。このまま名刺のようにお配りするのも良いですが、今回はプレゼントに添える「サンキュータグ」。


上の角二つを切り取ります。15ミリ〜20ミリくらいがバランス良いかと思います。

次にハトメを付けます。鳩の目に似ているから「ハトメ」。付けなくても十分サンキュータグとして機能はしますが、強度的にも見栄え的にも付けることをお勧めします。ハトメは100均にも置いてあるらしいのですが、私は見つけることが出来なかったので手芸店にて簡易的な一番安いものを購入しました^^;

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コクヨ ハトメパンチ 穴径5mm
価格:2440円(税込、送料無料) (2018/7/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コクヨ ハトメ 真ちゅう 250個
価格:277円(税込、送料別) (2018/7/26時点)

↑上等品のハトメパンチはこちら。

ハトメを付けたらオリジナルタグは完成です!
手作りする利点としては、お安く済むだけでなく、気持ちも込められるし、結構楽しい♪そして何とも言えない達成感が味わえます(笑)。

ラッピングに合った紐に通してプレゼントに付けてご使用ください。

ブラックのテンプレートを使うとまた違った印象に。

サンキューカードのテンプレートはいくつか種類があるのでお好きなもので作ってみてくださいね!

THANKYOU WORKS
THANKYOU WORKSは結婚・出産報告、季節のハガキや遊びに使えるおしゃれテンプレートいっぱい。ぜひチェックしてみて下さいね!






現在オープン記念で7月末までA4サイズテンプレート全て無料!!お見逃しなく!!

minne_b_468_60
minneにて記念に残るメモリアル品も出店しております。こちらも合わせてチェック!

↑ランキングにご協力いただけると励みになります^^
にほんブログ村テーマ 日曜大工・DIY・手作りへ
にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ
スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク